窓口で契約する自動車保険のデメリット

担当者によって自動車保険の提案力に差がある

自動車保険の入り方として、かつては購入時にそのまま加入するケースが多かったかもしれません。今はネットで入れる自動車保険が多くなり、自分で見積もりをしたり契約ができるようになりました。できるだけ安く入るには各社の自動車保険を比較すればいいのでしょうが、ネットで比較するのは結構大変です。窓口を利用すれば色々な会社の自動車保険の提案をしてもらえるので、自分で比較するよりも楽に安い保険を見つけられる可能性があります。窓口での契約はそれなりにメリットがありますが多少デメリットもあります。それは担当するファイナンシャルプランナーによって提案力に差があるところでしょう。ベテランに担当してもらえば、納得のいく提案をしてもらえるかもしれません。

必ず有利な自動車保険が提案されるわけではない

保険の提案を受ける時、保険会社の外交員などからの提案なら必ずその保険会社の商品しか提案されません。他社にいい商品があるとしても、さすがに自社以外の商品を提案する人はいないでしょう。では街にある窓口で自動車保険に加入をするときはどうかです。こちらは特定の保険会社に属さないので、ファイナンシャルプランナーから見てそれぞれの客に合う商品の提案をしてくれます。ただデメリットがあり、いつでも有利な商品を提案されない点が挙げられます。窓口を運営する会社では、契約に応じて各保険会社から手数料を受け取ります。保険会社によって手数料が多いところがあり、ファイナンシャルプランナーによっては手数料が多い商品を提案するときがあります。しかし、もちろんすべてのファイナンシャルプランナーにあてはまるわけではありません。

© Copyright Car Insurance Online. All Rights Reserved.