ネットで契約する自動車保険のデメリット

ネット型自動車保険のメリット

ネット型自動車保険で1番のメリットはその安さです。ネットの画面で情報を入力し、必要書類は郵送で済みます。分からないところがあれば、サポートセンターよる丁寧な対応で説明されます。事故対応も電話でサポートセンターに連絡すれば、直ぐに対応して相手側とも連絡し、その後の手続きも随時してくれます。直接的な訪問や営業等は無く、ネット入力か電話でのサポートのみです。それにより人件費が大幅に削られる事で、保険料の安さに反映しているのです。特にPCの扱いや入力が得意で、とにかく安くしたい方はお勧めです。また保険代理店の定期的訪問や電話等が、煩わしいと思う方はこのように顔の見えないネット型自動車保険の方が良いのかもしれません。

ネット型自動車保険のデメリット

ネット型自動車保険のデメリットは顔が見えない事です。コレは個人の主観もあると思いますが、上記のように人との接触を嫌う人も確かにいます。しかしもしもの場合の安心感は、常に顔を出してくれる代理店の人や担当者です。確かに事故を起こしたときはサポートセンターに電話をかけますが、後日必ず担当者が来てくれて事情を聞いてくれます。ネット型自動車保険は相手側には顔を出しますが、当事者には電話報告と連絡のみです。また外資家のネット型自動車保険の場合だと、相手側にも電話のみの対応の事があります。地方等に支店がない場合に限った事ですが、当事者にとっては実に心もとない事でしょう。安さの追求が人件費削減となり、顔の見えないデメリットになるのです。

© Copyright Car Insurance Online. All Rights Reserved.