窓口で契約する自動車保険のメリット

色々な保険会社の比較ができる

自動車を購入するとき、ディーラーから自動車保険の加入を勧められるかもしれません。ディーラーの系列の保険会社や代理店が入っていて、購入者は一応誰でも勧められるでしょう。任意保険は入る人も多いのでそのまま入る人もいますが、必ずしもお得とは言えません。自分でインターネットから保険会社を選ぶ方法もありますが、その時は自分で比較をしなければならず、たくさんある保険会社から見積もりを取るのは大変でしょう。そこで利用したいのが窓口サービスです。特定の保険会社に属さない保険の提案をしてくれるサービスで、ショッピングセンター内や街中などにも店舗があります。こちらを利用すると複数の自動車保険の比較ができるので、その中から希望に合った保険を選べます。

必要な補償を確認しながら加入できる

自動車を購入した時に必ず入らないといけないのが自賠責保険です。この保険はどの保険会社から入っても同じ金額です。一方任意の自動車保険に加入するときは、同じ補償でもそれぞれの保険会社で保険料が異なります。さらに補償内容や無料でつくロードサービスの内容が異なるのが一般的です。補償内容を確認しながら加入したいのであれば、街中などにある窓口サービスを利用すると良いでしょう。窓口では保険の内容に詳しいファイナンシャルプランナーなどの専門家が対応してくれます。どんな補償を必要としているかを伝えれば、そのための保険や特約などを教えてくれます。自動車保険の中には補償内容が重複しているものもあるので、無駄のない加入が可能になります。

© Copyright Car Insurance Online. All Rights Reserved.